大麻

CBDオイルを含む大麻解禁がもたらす日本経済への好影響とは

世界中で次々と合法化される大麻。つい最近のニュースとしては観光地として日本人にも人気のあるグアムが大麻解禁になった事で話題になりました。そんな世界中の大麻解禁の流れ「グリーンラッシュ」に日本はどのように動くべきなのか?また、日本でも解禁した場合の経済への影響について考えてみます。

大麻解禁の流れ、グリーンラッシュとは?

CBD ISLAND | 大麻由来のCBDオイルの可能性を探るブログ

ゴールドラッシュ並の世界の流れを知っておこう

かつてアメリカで金を採掘して大儲けした時代のことを「ゴールドラッシュ」と呼びました。大麻による経済成長をゴールドラッシュに文字ったものが「グリーンラッシュ」と呼ばれています。アメリカやカナダなど、大麻を解禁した国ではこの「グリーンラッシュ」が実際に起こっています。大麻はこれまで違法だとされてきていたため、産業としては成り立っておらず、様々な問題を抱えていました。しかし、徐々に法律が変わっていくにつれて大麻を使って商売をする事が可能になりました。もちろん皆さんが徐々に興味を示すようになってきたCBDオイルも、このグリーンラッシュの一部だと言えるでしょう。

大麻解禁については日本人には特に賛否両論あると思います。「世界ではOK=日本でもOK」ではない。という意見が代表的かと思います。しかしながら、ここで大事だと思うのは、実際にCBDや大麻に関する知識を持っているのか?という事です。おそらく今日本で世論を調べても無駄でしょう。まず、大麻に関する情報はネット上がほとんどでしょうし、今だに芸能人を大麻所持で取り上げて視聴率を取ろうとする雰囲気が残っているからです。

少し逸れましたが、グリーンラッシュを単純に「金儲け」という着眼点で考えると、僕としてはなんだかしっくり来ませんが、このグリーンラッシュに秘められた大きな経済への影響は無視してはいけないと思っています。

グアムが大麻解禁

CBD ISLAND | 大麻由来のCBDオイルの可能性を探るブログ

日本こそが最高の観光地になるのでは??

2019年の4月に新たに大麻が解禁されたのがグアムです。最近は大麻解禁のニュースがいろんな所で見られるのでご存知の方も多いかもしれません。グアムは日本から数時間で行けるという事もあり、日本人にも人気の観光地です。

世界中から旅行者がやってくる観光地だからこそ、嗜好品としての大麻を解禁する事でしっかりと利益を得て国は税収をあげられるはずです。そして、大麻の税収がとてつもない規模になることはすでに先進国であるアメリカやカナダで証明されています。グアムは、ここら辺の事をしっかり考えて大麻解禁に踏み切ったのではないかと想像しています。日本では「大麻=麻薬」「ダメ、絶対」の意識が強いですが、僕の経験上世界中に視野を向けると大麻をここまで悪いものと考えている国は多くありません。(一般市民レベルですが)

ここで少し思う事があります。短絡的かもしれませんが、日本がこの先グリーンラッシュに乗り、大麻を解禁した場合の影響です。

これから、日本には多くの外国人がやって来ます。東京オリンピックや大阪万博をきっかけにして、これまでのように大量の中国人が押し寄せるといった次元ではないでしょう。欧米やヨーロッパからも多くの外国人が旅行に来て、定住する人も増えるでしょう。さらに、法律の改正を皮切りに必死に勉強をして日本で働きたいと考える外国人が増える事も容易に想像できます。

「日本は素晴らしい国」だとみんなが思っています。日本で生まれ育った僕もあなたも同じ事を思うでしょう。そうなって来たときに、「日本こそが最高の観光地」になるのではないかと思うのです。ハワイやグアムなどのように南国ではありませんが、どれだけ住みやすい国なのかは住んでいる僕たちには実感しにくいものですが、海外旅行にいった人なら誰もが「日本は本当に住みやすい国だ」と思うはずです。

となれば、日本が大麻を解禁して産業として成り立たせる事が出来れば外国からやって来た外国人は喜ぶでしょう。僕の日本で働いているアメリカ人の友人は睡眠に問題があるのでCBDオイルを定期的にしようしています。大麻=CBDオイルでは無いのですが、外国の人たちは大麻に関する認識が違うので、消費者としてはもってこいです。つまり需要があるのです。

今日本国内で初めて建設が進んでいる外国人しか利用できない「カジノ」も似たようなところがあるのでは無いでしょうか?外国人の需要を満たす事でお金を稼ごうとしているのが国です。大麻でも同じような発想ができるのでは無いでしょうか?カジノは輸入も輸出もできませんが、日本製のCBDオイルなどの大麻関連商品であれば、貿易をして国が儲ける事だって出来ます。そして、ここで活きてくるのが日本の技術力です。

日本は、新しいアイデアを出す事は得意ではありませんが、すでにあるモノ・商品をもっと良くする事では世界一だと言っていいと思います。これまでにアメリカやカナダが製品化して来た大麻製品をもっと良くして世界に売り込む事ができるのは明らかです。

お酒やタバコを超える税収を上げる事ができる可能性のある大麻を解禁する事が、日本の経済にとってどれだけ好影響かと考えれば、解禁してほしい気持ちにもなって来ます。経済が良くなればお給料も増えて、もっと裕福な暮らしができますから。ここまで考えてみると、大麻も捨てたもんじゃ無いと思いませんか?

もちろん大麻に関しては様々な問題がありますし、日本で大麻が解禁される可能性はほぼ無いと思っています。でも、日本の経済を思うと少し期待してみたくなります。

cbd island

cbd island

理系大学→カリフォルニア大学大学院に留学 | アメリカ留学中に、日本とは全く大麻の認識が違う事がきっかけでCBDに辿り着く。安心・安全で健康なCBDオイルに関する情報を発信しています。たまに大麻についても。

CBD製品の知識がない人はまずこれをお読み下さい

-大麻
-, ,

Copyright © CBD ISLAND , All Rights Reserved.