CBD/大麻ニュース

CBDウォーターの効果とは?3つの問題点

CBDウォーターについて気になっていますか?

この記事では、CBDウォーターについて

  1. CBD含有量が少ない
  2. その割に高い
  3. 保存に関する問題

と言う3つの問題点を挙げています。

この記事を読めば、CBDウォーターの効果や、その問題点が分かり、現段階でCBDウォーターを飲むべきかどうかが分かります。

CBDウォーターの効果とは?

CBD ISLAND | 大麻由来のCBDオイルの可能性を探るブログ

CBDウォーターは効果がない?

CBDウォーターの効果はあまり無いと言えます。

そもそもCBDウォーターとは?と言う疑問については、読んで字の如くですので、ここでは割愛します。

では、早速CBDウォーターはあまり効果がない理由を3つ挙げます。

ココがダメ

CBD濃度が低い

CBDウォーターはCBD濃度が低いので効果があまりありません。

現在日本でも購入できるCBDウォーターはいくつかあり、いずれも【内容量500mlに対してCBD24mgを配合】とあります。

これをCBD濃度に計算すると、(24mg/500ml)×100%=4.8%となります。

CBDウォーター1本のCBD濃度は約5%と言うことになります。

低濃度のCBD製品だと言う事がまず分かります。

ココがダメ

価格が高い

CBDウォーター1本が大体1000円以上とかなり高額です。

CBD24mgを摂取するために1000円を支払うことになります。

まとめて購入すると単価は下がるでしょうが、それでも900円程度でしょう。

代表的な高級とされるファーマヘンプのCBDオイルを例に挙げてみます。

容量10mlでCBDウォーターと同じCBD濃度5%のオイルで7980円です。

CBDオイルはスポイト一滴で0.05mlですので、200滴分入っている事になります。

つまり、1滴のCBDオイルで2.5mgのCBDが摂取出来て、それが40円と言うことになります。

同様にCBDウォーター同様に24mgのCBDを摂取しようと思うと10滴で良いのです。つまり400円程です。

値段 24g相当のCBDを摂取するコスト
ファーマヘンプCBDオイル(濃度5%) 7980円 400円
CBDウォーター(濃度4.8%) 1000円以上 1000円以上

ファーマヘンプは高級なCBD製品の代表格です。CBDウォーターはそんな高級CBDオイルを遥かに上回る値段だと言う事が分かります。

ココがダメ

光に弱く、空気で劣化する

CBDは光に弱く、空気に触れると劣化する性質があります。

ですので、まずペットボトルに入っているCBDウォーターなどは、すでにその効果自体が期待出来ません。

温度は関係しませんが、光を避けるパッケージングがされてなければいけません。

空気との接触でもCBDは劣化しますので、一度CBDウォーターを開封するとすぐに飲み切る必要もあります。

一度に500mlの水を飲み干すのは結構大変です。扱いにくいCBD製品、と言う印象です。

まだCBDウォーターを買うべきではない

以上の様な3つの理由から、CBDウォーターに関してはまだまだ検討が必要だと分かります。

新しいもの好きで飛び付くのも一つですが、今はCBDオイルやグミといった経口摂取がおすすめです。

CBD製品を購入するなら正規代理店で。もし代理店がCBDウォーターを取り扱い始めた時には、改めて検討してみるのが良いかと思います。

おすすめのCBDオイルはこちら

今すぐ見る

CBD正規代理店【CBD MANIA】

おすすめのCBDグミはこちら

今すぐ見る

CBD正規代理店【CBD MANIA】

cbd island

cbd island

理系大学→カリフォルニア大学大学院に留学 | アメリカ留学中に、日本とは全く大麻の認識が違う事がきっかけでCBDに辿り着く。安心・安全で健康なCBDオイルに関する情報を発信しています。たまに大麻についても。

CBD製品の知識がない人はまずこれをお読み下さい

-CBD/大麻ニュース
-,

Copyright © CBD ISLAND , All Rights Reserved.