CBD/大麻ニュース

【完全合法】日本で大麻草に関する正しい知識を学ぶ唯一の方法 Taima Universityとは?

CBD製品に使われる原料である【大麻草】について、もう少し詳しく知りたいと思いませんか?

この記事では

日本で大麻草に関する正しい知識を学ぶ方法

について解説をしています。

この記事を読み終わる頃には、CBDの原料である大麻草について日本で安全に学んでみたいと思うはずです。

是非、最後までご覧下さい。

日本で大麻草に関する正しい知識を学ぶ方法

CBDについては、日本でも完全に合法なので多くの人がその知識を日々深めていると思います。CBDに関する数多くの記事やブログが見つかります。もちろん、このCBD ISLANDもそのうちのひとつ。

そんなCBDについて知るうちに、大麻草についても多少なりとも知識を得たいと思うのは、至極当然な事ですよね。知的欲求は、誰にも邪魔出来ませんし、大麻について知識を得る事は違法でも何でもなく、完全な合法の範囲に含まれます。

とは言え、CBDの原料である大麻草に関する知識を充分に得る事は、日本国内ではなかなか大変な面があります。

  • 自分でネットで調べてみる
  • 自分で書籍を読んで知識を得る

以上の様な方法は簡単に思い付きますが、かなりのモチベーションと時間と根気が必要です。

自分でどうにかする場合には、とにかく沢山の情報と向き合って、要点を切り取る事が肝心だからです。

本を購入したとしても、教科書では無いので、大事な事をまとめる作業が必要です。大麻に関するコミュニティに入れば、頼れる人もいるかもしれませんが、そもそも大麻に関するコミュニティってどうなの、、、?と感じてしまいます。

つまり、日本国内でCBDの原料である大麻草について学ぶ方法はなかなか具体的な方法がありません

Taima Universityとは

CBD ISLAND | 大麻由来のCBDオイルの可能性を探るブログ

大麻を学ぶTAIMA UNIVERSITY

そこで、今回ご紹介するのは「Taima University」です。※ここからご登録頂いたとしても、当ブログに収益や広告費などは一切発生致しません。あくまでもご紹介をするだけですのでご理解ください。

大麻大学という名の通り、大麻に関する知識を学べるオンライン学習コースを提供している通信制の大学です。

一体どういうものなのか、解説していきましょう。

Taima University(大麻ユニバーシティ)は【知識は違法じゃない】をモットーに日本語で日本に向けて配信されています。オフィシャルブログもあり、オンライン授業だけでなく大麻に関する正しい情報を発信し続けています。

2015年にマリ・アンナによって設立された日本で初めての大麻学校とのこと。

創設者マリ・アンナについて

17歳の時に何と日本で初めて大麻と知り合ったというから驚きです。どの様な関わりを持ったかまでは定かではありませんが、「本当は良いものなんじゃないか、、、?」という疑問を持ち、その後アメリカへ渡り、医療大麻と出会います。

コロラド州の大学で医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学んだ経歴があります。大学を卒業後に、大麻で日本を救いたいと考え、大麻大学を設立する事を決め、現在はカリフォルニアで大麻ユニバーシティを開校し、活動をしておられます。

大麻ユニバーシティの生徒へメッセージ

大麻を学ぶ事や、大麻について話すことさえ煙たがられる厳しい大麻取締法を有する日本での大麻情報はとても少なく、知る自由、選択の自由という意味での公平な情報があるべきだと思っています。

医療大麻完全合法のカリフォルニアから配信される新鮮で良質な情報をお届けする事で、今全世界で考えられている大麻のあり方を今一度、大麻ユニバーシティの生徒と私達が一緒になって考えていくべきだと考えています。

大麻ユニバーシティを通じて我々のコミュニティが力を持ったとき、そこには大いなる力が生まれ、日本全国、全世界へと色んな形で広がっていくと我々は信じています。みんなで大麻を学び、医療大麻を知ることでこれから将来日本にもくるであろう大麻の合法化に備えて正しい知識、使用法、対応の仕方を改めて学んでいきましょう。

世界でこれからもさらに広がっていく大麻業界、大麻の正しい情報を身に着けるのはあなたの新しいキャリアにも繋がります。

みんなでつくる新しい未来!大麻の可能性はあなたの可能性!

Taima Universityより

この様に、確かな知識を持つ人物が設立し、大いなる野心を持ってこの大麻大学を運営している事が分かります。

Taima Universityの特徴

大麻ユニバーシティと言っても、先ほども解説した様にオンラインの学習コースを受ける事になります。

特徴は以下の様になります。

  1. 大麻最先端のLA発の授業を日本語で受けられる
  2. プロレベルの学習コースを提供している
  3. 期限は無く、無制限でアクセスし放題
  4. 24時間体制のサポートあり
  5. ネット環境さえあればPCかスマートフォンでいつでもどこでも学べる

新型コロナで加速するオンライン学習である事も、時代の流れにあっている証拠ですね。

Taima Universityの流れ

  1. 登録した日から開始:登録作業とコース料金支払い完了直後からすぐに授業を開始できます。
  2. 自分のペースで学ぶ:世界中のどこからでも24時間365日、全てのデバイスからアクセスして学ぶ事が出来ます。
  3. テストを受けて資格を取得:最終試験の合格者は、修了証明書がもらえます。これは日本・アメリカを含めた世界中で使えるもの。
  4. 新しいキャリアをスタート:大麻ユニバーシティは認定された生徒のために大麻業界への雇用をサポートしています。起業の夢も。

この様に、学ぶだけで無く卒業後のキャリアについてもサポートをしてくれる点が、興味深いですね。人それぞれ、大麻草について学ぶ理由は様々です。

  • 単純な興味・知識
  • 医療関係者で、研究に活かしたい
  • 大麻産業で働きたい

どんな理由であれ、知識は違法ではありません。誰にも邪魔は出来ません。

大麻に関する知識をどの様に使うかはその人次第です。日本では当然違法な所持や栽培などをするのは絶対に辞めましょう。病気で苦しむ人を救う可能性や、CBD製品をより深く理解する、と言った意義のある学びにするべきでしょう。

Taima Universityで学べる事

【学習内容】

1.大麻歴史

カンナビスを使った最初の人類、初めての場所、なぜ違法になったのか、ハッシュが生みだされたときとは?、そして医療用として使い始めた理由等、その他も様々なカンナビスの歴史を学びます。

2.法律

医療大麻と嗜好大麻両方が合法なアメリカを主に見ていきましょう。それぞれの州の法律はなんだろう?州の法がわかるマップ付き。

3.接客

バッズテンダーになるにあたっての接客を学びます。従業員が法に沿い、お客様をハッピーにする事以上に重要なことはありません。常連さんとの関係を大事にし、初めてのお客さんから良い印象を得るのがバッズテンダーの基本です。

4.マリファナとエディボー

大麻を食品の中に入れて製品をエデボーといい、食べてカンナビスを摂取する方法です。食用は花を吸うよりもまったく違う効き方をします。どちらの効果も、そしてどのようにその患者さん、お客様に合った品種又は商品を勧めればいいのか知っておく事が大事です。

5.安全性

優先順位で何が第一でしょうか?それは安全です!安全な消費という意味は誰もが良い時間を持つ事です。ここでは患者さんにどう勧めたらいいのか、手引きに沿って習っていきます。

6.ハッシュとオイル

違うタイプの濃縮物を知っていきましょう。古いタイプのものから新しいタイプ物、その作り方も教えます。

7.医療大麻

いよいよ医療大麻について学びましょう!なぜマリファナはそんなに有益なのか?更にどんな健康問題にマリファナが推薦されているか、マリファナの裏にある科学を学びます。

8.テルペンとカンナビノイド

テルペンって何?大麻の成分カンナビノイドも詳しくみていきましょう。

9.最終テスト

この最終テストに合格すると、大麻プロ資格取得コースの認定証がもらえます。

大麻の歴史から法律など、幅広い知識を学ぶ事ができる様になっています。ちなみに、途中で出てくる「バッズテンダー」とは、海外の大麻ディスペンサリーでの販売員を指します。これは、人に大麻の事をきちんと説明出来る力を習得する事を想定しています。面白いコンセプトです。

Taima University生徒の声

時間の節約

何と言っても自分の空いてる時間にコースを受けれるので、忙しい私にとっては時間をセーブできるのがありがたかったです。医療関係の仕事をして、医療大麻の相談を患者さんから受ける事が増えましたので、大麻知識の必要性を痛感していましたが、今まで大麻の事を学びたくても、時間がなかなかとれなかったので、プロ大麻ユニバーシティのコースは私にとってはとても有益で自分のライフスタイルにぴったりでした。今では、自信を持って医療大麻相談を受けています。

医療機関職員・47 歳(男性)

楽しく学べる

このコースの楽しいコンテンツと使いナビゲーション満足しました。写真や動画があるので解りやすくイメージを掴みやすかったです。自分なりの勉強や体験からカンナビスの知識はあったのですが、やはり専門的に教えてもらえることは知識の深さが違う事を痛感しました。感謝します!

主婦・28歳(女性)

将来の希望

素晴らしい時間の過ごし方だと思います。将来私のために勉強することができて嬉しいです。 私は自分のPTSDと複数の外傷性脳傷害で正社員として働けなくなりました。 精神的にも身体的にも社会人として生活することは難しいけど、将来につながる勉強と大麻が今の私の希望です。

無職・35歳(男性)

受講した皆さん大満足の様子が感じられるレビューです。

Taima Universityの学費

CBD ISLAND | 大麻由来のCBDオイルの可能性を探るブログ

それでは、気になる学費です。

資格習得コース 項目 値段
学費 入学金 18,000円
在籍基本料 含まれる
授業料 含まれる
電子証明書代 含まれる
サポート料 含まれる
その他の費用 含まれる
納付金合計 18,000円
在学生納付金合計 含まれる

学費の支払いは入学時の1回(¥18,000)のみで、その他追加料金は一切御座いません。学費の中に、授業料、履歴書、翻訳サポート等全てのサービスが含まれています。本大学が委託されて徴収するその他の費用は、在学中必要に応じて改定されることがあります。

18000円とかなり安いんです。物凄い勢いで研究が進む大麻の、時代に合っているか分からない本を数冊買って時間をかけて学ぶより、体系化された知識を18000円で学んだ方が、断然効率的で合理的なお金の使い方です。

Taima Universityで資格を取るべき理由

最後になりますが、大麻大学で資格を取るべき5つの理由をご紹介します。

  1. 自分の経歴になる
  2. 就職サポートが受けられる
  3. ネットワークに参加できる
  4. ビジネスチャンスに繋がる
  5. 日本の合法化が進む

以上は、Taima Universityの掲げるものであり、日本での大麻合法化を主張する意図はありません。

この記事のまとめ

Taima Universityに関するまとめは以下になります。

  1. 日本でも大麻に関する正しい知識を体系的に学ぶ事ができる
  2. オンライン学習なので、24時間365日いつでもどこでも学習できる
  3. 学費は18000円とめちゃくちゃ安い

いかがだったでしょうか?まさか日本に大麻の学校があったなんて知らなかったなんて人も多いのではないでしょうか?

また現在、新型コロナでオンライン学習事業は人気が増しています。学費が一気に上がってしまう可能性もあるので、興味がある人はすぐにご検討を!

 

P.S.

Taima Universityは、とても面白そうで、CBD ISLAND運営の助けにもなりそうなので受講するつもりです。卒業生や、何か情報がある人は是非共有していただけると嬉しいです!お気軽にどうぞ!

cbd island

cbd island

理系大学→カリフォルニア大学大学院に留学 | アメリカ留学中に、日本とは全く大麻の認識が違う事がきっかけでCBDに辿り着く。安心・安全で健康なCBDオイルに関する情報を発信しています。たまに大麻についても。

CBD製品の知識がない人はまずこれをお読み下さい

-CBD/大麻ニュース
-

Copyright © CBD ISLAND , All Rights Reserved.